私が試したムダ毛処理方法

私のムダ毛の処理は、腕や足が主で過去のものも含めてさまざま試しました。

かみそりで剃る・毛抜きで抜く・脱毛テープなるものを使うなどといったことが主でサロンに通える年齢になったときには、サロンにも行ってみた事があります。

でも、サロンもなかなか通えなくなることが増えていき、結局自己流脱毛法に逆戻りをしました。

そこで、色々と調べたところ女性ホルモンに近いとされているイソフラボンを利用したムダ毛対策方法があると知りました。

何でも、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っていて、この女性ホルモンに似た大豆イソフラボンの成分を利用したもので、豆乳ローションというのだそうです。

イソフラボンの効果は、ムダ毛に対して塗ることで、毛根に対する男性ホルモンの影響が弱まるのため、ムダ毛が徐々に薄く目立たなくなるのだそうです。

この豆乳ローションの作り方も簡単で、殆どが家にあるもので作ることができると知り実際に私もムダ毛を何とかしたくて、作ってみたんです。

材料が豆乳・レモン(汁を使う)・消毒用アルコール・漉すためのざるやガーゼなど。
もちろん出来上がった豆乳ローションを入れていくボトルも必要です。

豆乳を膜が張らないようにゆっくりとなべで温めて、60℃~65℃になったらレモンのしぼり汁を入れ、分離を始めたら火からおろします。

そして、消毒用アルコールを加えて更にかき混ぜるのだけど、アルコールを使うため危険防止として火は止めて、この後はもう火を必要としません。

その後、漉して出来た液をボトルに移すだけで終了というから驚き。

材料を入れていく順番と火の取り扱い(特にアルコールを入れるとき)に気をつければ、ムダ毛に効果のあるローションが出来ます。

これを塗り続けることで、完全にムダ毛を処理できるわけではないけれど目立たない程度にまではすることが出来るので、じーっと見なければ分からないくらいまできれいに処理をすることが出来るのだとか。

だいぶ長いこと使っているけれど、徐々に毛そのものが細く薄くなってきた気がします。
完全に取り去れるわけではないようですが、元々濃くない毛の部分なため効果そのものは大きいと思います。

そういえば、自己流脱毛のなかでも、家庭用脱毛器だけはまだ試していません。夫もムダ毛で悩んでいるので、ケノンを買おうか迷っています。男脱毛器としても使えるようなので、夫婦で使えば安上がりです。

このブログ記事について

このページは、脱毛専科が2014年2月13日 15:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ムダ毛処理は自宅で可能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。